【自殺しろ】いだてん大コケの最大戦犯は上野樹里の大根演技が原因だという風潮【覚せい剤】

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/09/03(月) 19:02:15.89 ID:CAP_USER9.net
2018.9.3
https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/180903/ent1809038239-s1.html

 稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)が出演する月に1度の生放送番組『7.2新しい別の窓』(AbemaTV/通称:ななにー)の第6回が2日、配信され、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」が出演した。最新アルバム「好きなら問わない」の収録曲など計4曲を3人とコラボレーションしたゲス極。SNSには「やっぱいい曲作るな〜!」「かっこいい」「音楽を続けてくれてありがとう」「泣きそうになりました」といったコメントが寄せられている。

 ゲス極が登場したのは番組開始から約5時間が経過した午後10時ごろ。ボーカルの川谷絵音(29)は、2014年に「アマノジャク」「好きよ」、そして翌2015年に「愛が止まるまでは」をSMAPに楽曲提供。特にSMAPデビュー日である9月9日に発売された記念すべき55枚目のシングル「愛が止まるまでは」は、デビュー曲「Can’t Stop!! ‐LOVING‐」を和訳したようなタイトルで、ツイッターで指摘された川谷が「僕はデビューシングルのタイトルを知らずに偶然に今回のタイトルを付けてました」「運命を感じます」と驚いたことでも話題になった。

 そんな縁から2015年10月5日にバンドとして「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に出演するなど、以前から交流があったが、今回は約3年ぶりの共演。この3年の間でSMAPと川谷にはそれぞれいろいろあったため、互いに「…お元気でしたか?」「元気です」「僕らも元気です」と、万感の思いを込めたあいさつを交わした。

 香取は「4年に1度くらい意見が合う」という稲垣とともに、ゲス極への愛を熱弁。

※ 全文は記事でご覧下さい。

0件をまとめました。
最新情報はこちら









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする